クルマを売却する際に必要な書類

クルマを売却する際に必要な書類

中古車査定をしてその査定価格に納得し、クルマを売却する際には必ず必要になる書類があります。
これらの書類を事前に用意しておくことにより取引はよりスムーズに行えるでしょう。

 

委任状や譲渡証明書などについては、一般的に買取側で用意してくれるものですが、念のためにすべての必要書類を事前に確認するようにしましょう。
中古車査定が終了していざ売却契約をする際に必要になるものはまず実印です。

 

実印はクルマを購入した際に使用したものですが、そのほかにその実印が登録されているものと同じであることを証明する市区町村の印鑑登録証書が必要になります。
ここで注意しなければならないのは、この印鑑登録証書は有効期限が発行日から3ヶ月になっていますので、その期限内であることです。

 

ほかに自動車検査証いわゆる車検証と自動車税納税証明書、自賠責保険証リサイクル券が必要になります。
車検証は一般的に車内に保管していますが、そうでない方は準備しておきましょう。

 

もし車検証を紛失してしまった場合は管轄する運輸支局にて再発行が可能になっています。
自動車税納税証明書は毎年5月までに納めている自動車税の証明書で、紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行できます。

 

自賠責保険証は一般的に車検証と一緒に保管されているもので、車検の際に必ず加入するものです。
リサイクル券は自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が既に支払われていることを証明するもので、一般的に車検証と保管されています。

 

低年式の中古車を高く売るには

トップへ戻る